水耕栽培プラントって?|業務用の水耕栽培プラント販売店【ヨンボファクトリー】

水耕栽培プラントって?

水耕栽培とは

水耕栽培はその名前の通り土を使わず「水で栽培をする方法」を指します。水耕栽培では、野菜だけでなく果物や花など、さまざまな種類の植物を衛生的かつ、簡単に育てることが可能です。

水耕栽培のメリット

  • 小さなスペースさえあれば、室内など、どこでもカンタンに栽培できる
  • 管理がラクで、健康な野菜や果物を育てやすい
  • 自動制御ができるため、留守中でも安心!
  • 土耕栽培に比べて成長のスピードが速い(約1.5倍)
  • 殺虫剤などを使わずに済むのでカラダにも安全(稀に使う場合でも極微量)
  • 収穫量が多く、植物・野菜の質が安定している
  • ガーデニング・園芸初心者でも簡単に栽培できる!

事前準備について

弊社がご提案する水耕栽培プラントの特徴

全長3.1mから最大25.3mの自由設計で、
19種類の長さからお好きなものを選べます!

弊社取り扱いプラントは、「里山式水耕栽培システム」を導入しております。すべて標準装備で可食部採取型パレットの植栽数が100株あり、密植栽培パレットを使用することにより、490株(W-100-5型)の栽培も実現可能です。
また、栽培槽の内寸が稲の育苗箱と同じ寸法になっているため、ハウスでの稲の育苗ができます。

一般的な栽培プラントとの比較

弊社プラントは栽培パレットと溶液の間に空気層を設けており植物の根が空気層で酸素を取り込むことにより、気根を形成して生育を促進しています。一般的な栽培プラントでは栽培口が小さく、育てられる品種も限られていますが、弊社のプラントは栽培口を大きくしているため、茎が太くなる植物でも対応できるので多くの品種を栽培することが可能です。

一般水耕栽培システムと弊社導入里山式水耕栽培システム

一般水耕栽培システムと弊社導入里山式水耕栽培システム

使用上の注意
・装置本体は高密度の発泡材で成型加工されております。一般的な発泡材より強度を上げてあります。意図的に衝撃を加えたりしない限り破損等は発生しません。
・紫外線により、本体の色抜け等は経年変化で起こりますが、栽培に関する障害は起こりません。
・栽培溶液の循環ポンプのクリーニングは定期的に行ってください。目安は溶液の交換時、もしくは3か月に一度くらいです。
・栽培槽のつなぎ目及び配管等からの水漏れについて、弊社では専用の接着止水剤を使っておりますが、経年変化で水漏れが発生する場合があります。(ポタポタ程度)
速やかに水漏れ部分のシーリング材をカッター当で切り取り同質のシーリング材を用いて補修を行ってください。
・全てのパーツは弊社で標準在庫しております。お申し出があれば即日発送できる状況にあります。

業務用水耕栽培プラント販売店 ヨンボファクトリー

Tel. 080-8216-1184

<営業時間> 9:00 - 17:00 / 不定休

ページの先頭へ